少年事件の一覧

少年事件における犯罪少年の終局的な処分はどうなるのか

少年法3条1項では、審判に付すべき少年として、犯罪少年(罪を犯した少年。1号)、触法少年(14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年。2号)、ぐ犯少年(将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年。3号)を掲記しています…

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら