準強制わいせつ罪の構成要件、罰則|同意あると誤信した場合は?

強制わいせつ罪については比較的馴染みがあり、どんな罪かイメージしやすいかと思いますが、準強制わいせつ罪についてはいかがでしょうか?馴染みのある強制わいせつ罪に「準」という頭文字が付いたことで、何か変化はあるのでしょうか?

今回は、この準強制わいせつ罪の構成要件、罰則、相手の同意があると誤信した場合について解説します。

準強制わいせつ罪の構成要件

準強制わいせつ罪は刑法178条1項に規定されています。

なお、刑法178条2項は準強制性交等罪の規定であるため省略します。

(準強制わいせつ及び準強制性交等)
第百七十八条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
2 (略)

引用:刑法第178条|刑法

以上から、準強制わいせつ罪の構成要件は、

  • ①人の心神喪失、抗拒不能状態
  • ②①の状態に乗じた又は①の状態にさせた
  • ③わいせつな行為
  • ④➀から③までの事実を認識していること(故意)

ということができます。

①心神喪失、抗拒不能

心神喪失とは、精神の障害によって正常な判断能力を失っている状態のことをいいます。

心神喪失の例として、熟睡、泥酔、麻酔状態、高度な精神病などがあります。

次に、抗拒不能とは、心神喪失以外の理由によって物理的・身体的あるいは心理的・精神的に抵抗することが不可能又は著しく困難な状態をいいます。

手足が不自由、手足を縛られ拘束されているなどという場合が物理的・身体的抗拒不能の例、治療や施術のためと言い、それが真実だと誤信させた場合などが心理的・精神的抗拒不能の例です。

②心神喪失、抗拒不能の状態に乗じた、状態にさせた

(心神喪失・抗拒不能の状態に)乗じたとは、すでに作出された既存の状態を利用するということです。

カラオケボックスでお酒を飲んで熟睡していた女性に対し、二人きりになったタイミングを見計らってわいせつな行為に及ぶことは「心神喪失に乗じた」にあたる典型例です。

また、(心神喪失・抗拒不能の状態に)させたとは、加害者自らその状態を作出したということで、作出の手段に制限はありません

わいせつな行為を行う意図の下、お酒を大量に飲酒させて泥酔状態にさせた上でわいせつな行為に及ぶことは「抗拒不能にさせた」にあたる典型例です。

なお、人に暴行・脅迫を加えた上、畏怖した人に対してわいせつな行為に及んだ場合は、暴行・脅迫を手段としたわいせつな行為と評価できることから、準強制わいせつ罪ではなく強制わいせつ罪が成立します。

③わいせつな行為

わいせつな行為とは、徒に性欲を興奮又は刺激させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道徳観念に反するような行為をいいます。

具体的には、陰部に手を触れる、陰部の中に指を挿入する、着衣の上から、あるいは直接胸・もも・尻を揉む、触るなどはわいせつな行為にあたります。

また、キスも、キスをした時間帯、場所、態様、相手との関係性などによってはわいせつな行為にあたります

もっとも、キスがわいせつな行為にあたる場合でも、「(相手の同意がないのに)同意があると思ってキスした」という場合は、自らがわいせつな行為をしているという認識がない、すなわち、準強制わいせつ罪の故意を欠くと評価され、同罪が成立しない可能性はあります。

④故意

前述のとおり、故意とは客観的な犯罪事実に対する認識のことです。

罪の成立要件に故意が必要とされる罪のことを故意犯といいますが、法律上はこの故意犯を処罰することを原則とし、故意を欠く犯罪、すなわち、過失犯については法律に特別に規定されている場合に限って処罰することとしています。

したがって、罪の規定に過失犯に関する規定がない場合は故意犯と考えてよく、準強制わいせつ罪も過失犯の規定がないことから故意犯です。

準強制わいせつ罪における故意とは、行為者が準強制わいせつ罪の構成要件に該当する事実を認識していることをいいます。

したがって、相手が心神喪失、抗拒不能の状態にあるものの、行為者にその認識がない場合は準強制わいせつ罪の故意を欠き、犯罪は成立しません

また、わいせつな行為は、相手の意思に反する行為であるからこそ処罰に値するだけの行為と評価されるわけですが、相手の同意がなくても相手の同意があると誤信した状態でわいせつな行為に及んだ場合は、やはり準強制わいせつ罪の故意を欠き、犯罪は成立しないということになります。

もっとも、相手の同意があるものと誤信したという主張が通用するケースは少ないです。

上記の主張が合理性を有し信用できるかどうかは、行為が行われた経緯、状況、相手との関係性などと照らして慎重に判断され、仮に、信用できないと判断された場合は「不合理な弁解に終始している」、「反省ないとみなされ」、身柄拘束期間が延びたり、量刑が重くなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

準強制わいせつ罪の罰則

準強制わいせつ罪の罰則は、刑法178条1項を見ると「第百七十六条の例による。」と規定されています。

第百七十六条は強制わいせつ罪に関する規定で、「例による。」とは、強制わいせつ罪の罰則と同じとする、という意味です。

強制わいせつ罪の罰則は6月以上10年以下の懲役ですから、準強制わいせつ罪の罰則も6月以上10年以下の懲役です。

罪の頭に「準」と付いていることから、強制わいせつ罪よりも罰則が軽そうに思えますが、実は同じで、行為態様な被害内容などによっては、強制わいせつ罪よりもむしろ量刑が重たくなる可能性も十分に考えられます。

まとめ

準強制わいせつ罪は、人の心神喪失・抗拒不能の状態を利用して、あるいは、人を心神喪失・抗拒不能の状態にさせてわいせつな行為に及んだ場合に問われる罪です。

相手の同意がないのに同意があったものと信じていたという主張を行うことも可能ですが、客観的にみて不合理で信用できないと判断された場合は、通常以上の不利益を被るおそれもあることから注意が必要です。

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス