性犯罪の一覧

合意の上で性行為に及んだのに訴えられた|対処法を解説

合意の上で性行為をしたのに、その後性行為は無理やりやられたと相手に訴えられ、逮捕されてしまうケースがあります。合意していたはずなのに、どういうことなのでしょうか。 逮捕されてしまった場合の対処法を含めて解説していきます。 強制わいせつ罪・強…

未成年と飲酒や淫行をした場合の罪の重さ|罪に問われない場合

未成年との飲酒や淫行については、芸能界などでも報じられることがあり、耳にする機会が増えたように感じます。SNSの普及やアプリの手軽さなどにより、これまでよりも簡単に未成年者と出会うことができたり、相手の年齢を知らないまま接触するということが…

痴漢冤罪で逮捕されてしまった場合の対処法とは?

通勤中、満員電車で痴漢に間違われ、被害があったと訴える人や周囲の人に取り押さえられ駅員室に連れて行かれるなんてことが起きたらどうしよう、と考えたことのある方は少なくないかもしれません。痴漢の冤罪という言葉はここ数年でよく耳にするようになりま…

児童買春、児童ポルノに関する罪では何が問題となるか

児童ポルノ禁止法は、平成26年6月に改正され、児童ポルノの定義の一部改正と、自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノの所持、画像データの保管、盗撮による児童ポルノの製造の規定が新設されました。 児童買春、児童ポルノの所持や製造などで逮捕さ…

現行の強制性交等罪は、旧規定の強姦罪とは何がどう違うのか

刑法は、性犯罪を厳罰化するため改正され、その改正刑法は平成29年7月13日に施行されました。 改正を受け、強姦罪は強制性交等罪に変更されましたが、強制性交等罪と強姦罪との間には、いろいろな点で違いが見られます。 では、現行の強制性交等罪は、…

強制わいせつ罪で逮捕された人の家族はなぜ弁護士に頼るべきか

強制わいせつ罪で逮捕された人がいた場合、その家族としてはどうしたらよいのか、不安に駆られることでしょう。 強制わいせつ罪で逮捕された人の家族ができることには限界があるため、そこは、法律のプロである弁護士に頼るのが最善なのです。 そこで、強制…

盗撮逮捕事件に強い弁護士法人ネクスパート法律事務所

盗撮で逮捕されたら、すぐ当事務所にご連絡ください。 刑事事件は時間との戦いです。弁護活動開始が遅れるほど、長期の身柄拘束、また起訴されるリスクが高まります。逆に、早期から弁護活動を開始することで、水面下で被害者様と示談交渉を行い、身柄解放や…

痴漢逮捕事件に強い弁護士法人ネクスパート法律事務所

痴漢で逮捕された人自身はもちろん、その家族の方も、逮捕された人が今後どうなるのかと心配や不安な気持ちになると思います。 刑事事件は時間が経つほど、長期間(最大20日間)の身柄拘束や起訴されるリスクが高くなります。 逮捕されて72時間以内に勾…

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら