夫が痴漢で逮捕された場合の流れと仕事への影響を解説

夫が痴漢で逮捕されたという連絡を受けたとき、これからどうなるのか、何をすればいいのか、ショックや不安で頭が真っ白になってしまうかと思います。

この記事では、逮捕されたあとの流れや、仕事への影響がどうなるのかについて解説していきます。

夫が痴漢で逮捕?逮捕されるとどうなる?逮捕されたあとの流れ

痴漢で逮捕される場合の多くは、通勤の満員電車などで痴漢を疑われてそのまま現行犯逮捕されてしまうケースです。この場合、会社を無断欠勤となったり、家族と連絡が取れなくなってしまい、どうしたらいいかわからなくなってしまいがちです。

まずは逮捕されるとどうなるのか、逮捕されたあとの流れを確認していきましょう。

①逮捕

逮捕されると最大で48時間身柄を拘束されることになります。拘束される場所は、警察署の留置所や拘置所です。この間、家族などとの一般面会は基本的には認められません。

②勾留または釈放

逮捕されたあと、48時間以内に検察官に送致されます。報道などで送検と呼ばれるものです。その後、検察官は24時間以内に勾留するか否かを決定します。

もしも勾留決定とならなかった場合、検察官は被疑者を釈放しなければなりません。ただし、単に釈放されて身柄の拘束がとかれただけであり、刑事事件が終結したわけではないので、在宅の状態で捜査は続けられることになります。

したがって、取調べのために呼び出されることもあり得ます。

一方、勾留決定が出ると、原則10日間引き続き身柄を拘束されます。

③勾留延長

10日間の勾留期間がおわったとしても、さらに勾留が延長される場合があります。勾留延長が決定されるとさらに最長で10日間身柄を拘束されてしまいます。

つまり、逮捕されてからここまで、最大で23日間も身柄を拘束される可能性があります。

④勾留期間の終了

勾留期間が終了すると、検察官が起訴するか不起訴とするかを決定します。起訴されると裁判となりますが、不起訴になれば事件は終了します。

⑤裁判

起訴された場合には、刑事裁判となります。その場合、引き続き身柄拘束され続ける可能性もあります。裁判で審理がされたあと、判決が出ます。

痴漢で逮捕されるとどういう罪になる?

痴漢で逮捕され、起訴されるとどのような罪になるのでしょうか。

痴漢は、都道府県の迷惑防止条例違反になる場合と、刑法の強制わいせつ罪になる場合があります。

①迷惑防止条例違反の場合

迷惑防止条例は各都道府県が制定するので、都道府県によって内容は異なりますが、東京都の場合だと6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に処されることになります。ただし、常習の場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

②強制わいせつ罪の場合

強制わいせつ罪にあたる場合は、6か月以上10年以下の懲役となります。罰金刑はありません。

仕事への影響は?

逮捕勾留されてしまうと、最大で23日間身柄を拘束される可能性があります。もし起訴されてしまうと、さらに長期間身柄を拘束されることも考えられます。

通勤の電車内で痴漢をしてしまい現行犯逮捕された場合、会社には連絡することなく無断欠勤していることになります。もしもそのまま23日間も無断欠勤してしまうと、就業規則に違反したとして解雇されてしまうかもしれません。

拘束されている期間が長くなればなるほど、そのリスクは高まりますので、勾留されないようにしたり、勾留後なるべく早い段階で釈放してもらえるよう働きかけることが重要です。

夫が痴漢で逮捕されたらどうすればいい?

逮捕され身柄拘束されてしまうと、仕事への影響が出てしまいます。そのため、先述のとおり、勾留を阻止したり、拘留された場合でもできるだけ早期に釈放してもらうよう働きかけることが重要になります。

ではどのようにすればいいのでしょうか。それは、なるべく早い段階で弁護士に相談することです。

逮捕されている48時間の間は、家族などの一般面会は原則認められませんが、弁護士であれば被疑者と面会することが可能です。

本人や家族の話を聞き、検察官に対し勾留請求しないよう働きかけたり、検察官が勾留請求した場合でも、裁判官に対し勾留決定を出さないように働きかけたりし、勾留を阻止する活動を行います。また、勾留決定が出てしまった場合には、勾留決定の取消しを求める準抗告を申し立てることもできます。

もっとも、準抗告が認められることはあまりないため、逮捕されたことがわかったら、なるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士は、勾留そのものを阻止したり、勾留された後でも早期の釈放を目指し活動します。

さらに、起訴されて裁判となることを防ぐため、不起訴となるように検察に働きかけたり被害者との示談交渉を行うなどの弁護活動も行います。

まとめ

ある日、突然夫が痴漢で逮捕されたという連絡を受けたら、落ち着いて行動することは難しいかもしれません。

しかし、早期釈放を目指すことで、少しでもその後の生活への影響を減らすことが可能です。もし夫が痴漢で逮捕されたという連絡を受けたら、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス