「のぞき」の法令罰則は?関連する罪などについても解説

「のぞき」は立派な犯罪です。

もっとも、一言で「のぞき」といっても適用される法令、罰則などが異なります。

以下で詳しく解説してまいります。

「のぞき」を処罰する法令

のぞきを処罰する法令は

  • 各都道府県が定める迷惑行為等防止条例
  • 軽犯罪法

です。

以下、それぞれの法令に規定されている罪の成立要件や罰則について解説してまいります。

各都道府県が定める迷惑行為等防止条例

各都道府県が定める迷惑行為等防止条例では「のぞき(盗撮)」に関する規定を設けています。

条例の名称や盗撮に関する規定の内容は都道府県ごとに異なり、ここでその全てをご紹介することはできません。

したがって、以下では、東京都迷惑行為等防止条例(正式名称:公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)をご紹介してまいります。

「のぞき」の成立要件

東京都迷惑行為等防止条例では、第5条にのぞきに関する規定を設けています。

(粗暴行為(ぐれん隊行為等)の禁止)
第5条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。
⑴ (略)
⑵ 次に掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること
イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所
ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)
⑶ 前2号に掲げるもののほか、に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。

少し長くなりましたが、上記の規定をまとめると、

【のぞきの対象】
【のぞきの場所】 公共の場所又は公共の乗物
【のぞきの態様】 卑わいな言動

となります。

なお、「卑わいな言動」とは「社会通念、性的道徳観念に反する下品でみだらな言語又は動作」をいいます。

したがって、上記規定では「のぞき」の言葉は使われていないものの、「のぞき」はこの「卑わいな言動」に当たるものと解されます。

なお、以下のように福岡県等、規定の中で明確に「のぞき」という言葉を用いている都道府県もあります。

福岡県迷惑行為等防止条例では、第6条2項第1号にのぞきに関する規定を設けています。

2 何人も、公共の場所、公共の乗物その他公衆の目に触れるような場所において、正当な理由がないのに、前項に規定する方法で次に掲げる行為をしてはならない。

一 通常衣服で隠されている他人の身体又は他人が着用している下着をのぞき見し、又は写真機、ビデオカメラその他これらに類する機器を用いて撮影すること。

東京都迷惑行為等防止条例における「のぞき」の罰則

6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

また、常習として「のぞき」を行った場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

なお、「のぞき」ではなく「盗撮(同条例第5条1項⑵号違反)」の罰則は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金で、常習として「盗撮」を行った場合は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金というように、「のぞき」と「盗撮」で罰則が区別されていることに注意が必要です。

軽犯罪法

軽犯罪法ではその1条の1号から34号まで、日常生活における軽微な秩序違反行為に関する規定を設けています。

軽犯罪法における「のぞき」の成立要件

軽犯罪法1条の1号から34号のうち、「のぞき」に当たる罪は軽犯罪法1条23号の「窃視の罪」です。

第一条(軽犯罪)
左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
二十三
正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

以上の規定をまとめると

【のぞきの対象】 人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所
【のぞきの態様】 ひそかにのぞき見る

「ひそかにのぞき見る」とは被害者に知られないで、物陰や隙間などからこっそり見るという意味です。

肉眼で見ることはもちろん、カメラなどのレンズを通して見ることも含まれます。

また、トイレ等にカメラを設置し(トイレ内を)録画する行為が「のぞき見た」に当たるかどうかですが「当たる」とするのが裁判所(福岡高裁平成27年4月15日)の考え方です。

なお、便所における盗撮は前述した条例も適用される可能性があります。

もっとも、条例は「人の通常衣服で隠されている下着又は身体」を写真機その他の機器を用いて撮影した場合、軽犯罪法は「便所という場所」をのぞき見た場合に適用されるという点で区別されます。

軽犯罪法における「のぞき」の罰則

拘留又は科料です。

拘留(「勾留」ではない)とは、一日以上三十日未満の間刑事施設に収容される自由刑、科料は千円以上一万円未満のお金を国(検察庁)へ納付しなければならない財産刑です。

実務では拘留より科料を科されること方が圧倒的に多いです。

「のぞき」に関連する主な罪

これまでは「のぞき」そのものに適用される法令を解説しましたが、以下では「のぞき」に関連する罪について解説してまいります。

住居侵入罪

住居侵入罪は刑法130条前段に規定されています。

(住居侵入等)
第百三十条
正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物(略)に侵入し、(略)た者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

「人の住居」、「侵入し」という部分が住居侵入罪に関する規定です。

「のぞき」で住居侵入罪が適用される典型が、「のぞき」目的で人の敷地内に勝手に立ち入った、というケースです。人の敷地内は「住居」に当たります

建造物侵入罪

建造物侵入罪も刑法130条前段に規定されていることはお分かりいただけると思います。

「のぞき」で建造物侵入罪が適用される典型が、「のぞき」目的で女子トイレに立ち入った、というケースです。女子トイレは建造物に当たります

なお、住居侵入罪、建造物侵入罪に当たる行為をし、さらに盗撮やのぞきをしたという場合、量刑は、より罰則の重い、住居侵入罪、建造物侵入罪の「三年以下の懲役又は十万円以下の罰金」の範囲内で決められます。

弁護士が行う「のぞき」の加害者となった方への弁護活動

「のぞき」の弁護活動の中心は、被害者に対する謝罪と示談交渉です(罪を認める場合)。

仮に、示談を成立させることができると、刑事事件化の防止(被害届提出の阻止)、早期釈放、不起訴の可能性が高くなります

なお、「のぞき」の示談金の相場は10万円~30万円程度です。

まとめ

「のぞき」といえども、その態様などによっては最高「3年」程度の懲役を科される可能性があります。

被害者との間で示談を成立させることがでれば、刑事事件化の防止、早期釈放、不起訴の可能性をより高めることができるでしょう。

仮に、示談交渉がうまくいかなかった場合でも、具体的な再犯防止策を講じる等、不起訴の獲得に向けた代替手段も考えられますので、弁護士にご相談されることをお勧めします。

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス