刑事事件でご家族が逮捕された場合にできることとは?

ご家族が逮捕された場合、少なくとも、まず、①ご家族がどこに収容されているかを確認することが大切です。

それは、のちのち②弁護士に接見を依頼する場合と③接見、差し入れをする場合に必要となるからです。

また、ご家族のためにも④今後についてよく話し合うことも必要となってくるでしょう。

以下ではその詳細につきご説明してまいります。

逮捕後の流れ

まずは、簡単に警察に逮捕された後の流れを確認します。

①逮捕されると②警察署内に設けられた留置施設に収容されます。

その後、③警察官による「弁解録取」の手続きを受けます。

その上で、身柄の拘束が必要ないと判断された場合は釈放されますが、必要があると判断された場合は④検察庁へ送致する手続きを取られます。

なお、①から④までに要する時間は最大で48時間です。

送致後、⑤検察庁でも「弁解録取」を受けます。

その上で、身柄の拘束が必要ないと判断された場合は釈放されますが、必要があると判断された場合は⑥勾留請求されます。

なお、④から⑥までに要する時間は最大で24時間です。

また、①から⑥までの時間は最大で72時間です。

検察官によって⑥勾留請求されると、今度は⑦裁判官による「勾留質問」を受けます。

ここで、身柄の拘束が必要ないと判断された場合は釈放されますが、必要があると判断された場合は⑧勾留決定を受けます。

⑧勾留決定を受けると、通常は引き続き逮捕時に収容された留置施設に収容され、捜査機関による捜査を受けます。

収容期間ははじめ10日間ですが、「やむを得ない事由」が認められる場合は最大で10日間期間を延長されます(ただし、勾留の必要がない場合、不服申し立てが認められた場合は途中で釈放されます)。

逮捕の連絡を受けた際にご家族がすべきこと

警察から逮捕の連絡を受けた場合、まずご家族がすべきこととはどんなことでしょうか(なお、警察は本人の希望、本人の年齢、ご家族との同居の有無などを考慮して連絡するかしないか決めます)?

罪名と収容先を確認

これらは後々、ご家族が接見に行く際や差し入れ、手紙を送る際に必要となる事項です。

また、弁護士に接見を依頼する際にも必要となる事項です。

少なくとも、収容先が分からなければ、弁護士はどの警察署に接見に行けばよいか分かりません。

突然の連絡で気持ちが動転し聴き取れなかった場合は、遠慮せずに電話をかけなおして確認しましょう。

弁護士に接見を依頼すべきかどうか検討する

これは、逮捕期間(上図①逮捕から⑧勾留決定までの期間)中は、基本的に弁護士以外の人は本人と接見することができない(法律上、接見を認める規定がない)からです。

なお、⑧勾留決定後は法律上接見できます(ただし、接見禁止決定が出ていると接見できません)。

逮捕期間中に弁護士に接見を依頼するかどうかは以下を参考の上判断してください。

弁護士接見のメリット

弁護士接見によって以下のメリットを受けることができます。

本人のためになる

逮捕された本人は日常生活から切り離された慣れない生活を強いられています。

そして、周囲には本人の味方になってくれる方、知り合いの方などはいません。

そうした状況下での弁護士接見は、何より本人の精神的な支えとなるでしょう。

事件の概要が分かる、伝言を預けることができる

事前に弁護士に伝言を預けることができます。

そして、弁護士は、接見で、逮捕事実、それに対する認否などを確認した上で、本人にアドバイスし、事件の見通し、ご家族から預かった伝言を伝えます。

接見後は弁護士から接見の報告を受けることができます。

今後の対応について知ることができる

また、今後、家族としてどうしていけばよいか知ることができます。

特に、私選の弁護士を雇うべきか、国選でも十分なのかはご家族の大きな関心事だと思います。

弁護士から本人やご家族の状況に応じたアドバイスを受けることができます。

初回の弁護士接見の注意点

まず、弁護士費用が発生します(当番弁護士を依頼した場合は発生しません)。

弁護士費用とは、通常、弁護士日当+交通費の合計額をいいます。

したがって、弁護士事務所から接見場所までが遠ければ遠いほど弁護士費用は高くなります。

また、初回の弁護士接見は1回のみです。

ご家族としてできること

これまでご紹介したこと以外に、ご家族としてできることがあります。

接見、差し入れの準備をする

接見、差し入れは本人の精神的な支えとなります。

ただし、勾留決定前や勾留後に接見禁止等決定が出ている場合は接見、差し入れをすることができません。

接見、差し入れについては警察署ごとにルールが設けられています。

事前にホームページで確認するか、直接、本人が収容されている警察署の留置管理係に問い合わせましょう。

今後について話し合う

本人の逮捕により気持ちが動転されていることと思いますが、本人や家族の今後(仕事、住まいなど)についても話し合う必要があります。

また、家族として何を反省し、今後本人のために何ができるのかもしっかり話し合う必要があります。

ご家族としてできるとこをきちんと決めておくことが、ゆくゆくは本人にとってよい結果に繋がることとなります。

まとめ

以上、ご家族が逮捕された場合にできることは、まずは

  1. 罪名(できれば犯罪事実)、収容先を確認する
  2. 弁護士接見を依頼するかどうか検討する
  3. 接見、差し入れの準備をする
  4. 今後について話し合う

ことにつきます。

本人が最終的に頼れるのはご家族しかいません。

ぜひ、ご家族としてできることを行って、本人の支えになっていただければと思います。

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop