被害感情の強い事案において、適切な示談金額でスピード解決!

20代男性・会社員
罪名
暴行罪
結果
不起訴処分

ご依頼の背景

クラブでその日知り合った被害者男性と、ナンパがうまくいなかったことから言い合いになって喧嘩になり、ご依頼者様は、被害者男性から挑発されたこともあってカッとなり、被害者男性の顔面に手拳で3発殴打するなどの暴行を加えてしまいました。

後日、再度そのクラブに立ち寄ったところ、被害者男性と鉢合わせてしまったことから、その場で110番通報されてしまい、そのまま警察署に行くことになりました。警察官から、示談することを勧められました。そのため、ご依頼者様は被害者男性と示談することを希望して、当事務所にご依頼されることになりました。

犯罪行為 暴行

(依頼人の)希望・主張

ご依頼者様としては、被害者男性との示談を希望していましたが、被害者男性から挑発されたことをきっかけとして今回の件を起こしてしまったという気持ちもあり、時間と費用をかけずに解決したいご意向から適切な示談金額での早期の示談を希望されていました。

サポートの流れ

今回の件については、暴行罪ではあるものの、顔面に3発殴打を加えていることなどから、被害者男性の被害感情は極めて高く、示談交渉の長期化や高額の示談金の提示が必要になることも想定される事案でした。

そのため、被害者男性の被害感情を軽減できるような謝罪文の作成についてサポートさせていただき、また、依頼直後からすぐに被害者男性に対して謝罪した上で、被害者男性の心情にも配慮するなど誠実な対応をしたことなどから、早期に示談交渉の開始に移ることができ、適切な示談金額を懇切丁寧に説明した結果、ご依頼の日からわずか6日で示談を成立させることができました。

その他、再犯を防止するために、ご依頼者には反省文を作成していただきました。ご依頼者様の反省、示談が成立したことなどを踏まえた不起訴意見書を提出しました。

結果

被害者男性との間で早期に示談を成立させることができ、無事不起訴処分を獲得することができました!

その他の解決事例

勾留請求が却下された恐喝被告事件で示談成立し懲役1年6ヶ月・執行猶予3年となった事例

ご依頼の背景 被告人は共犯者の20代女性と共謀して、インターネット上で知り合った男性と待ち合わせをし、そこに偶然を装って被告人が登場して待ち合わせをした男性を恐喝する、いわゆる美人局を行っていました。 後日、被害者が被害...
懲役1年6ヶ月・執行猶予3年
20代男性・大学生

電車内での未成年者に対する強制わいせつにより逮捕。同種前歴が2犯あったが不起訴処分を獲得できた事例

ご依頼の背景 未成年者に対する電車内での強制わいせつで逮捕されましたが、次の日に釈放されて在宅捜査になりました。依頼者には同種前歴が2犯あり、何もしなければほぼ確実に起訴される状態でした。 相談時には起訴される可能性が極...
不起訴処分
20代男性・無職

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス