勾留請求が却下された強制わいせつ被疑事件で不起訴を獲得した事例

20代男性・大学生
罪名
強制わいせつ被疑事件
結果
不起訴処分

ご依頼の背景

被疑者の男性は、自宅への深夜の帰宅時に、通行中の女性に対して、後方から無理やり股間に手を差し込み、着衣の上から女性の陰部を触るなどしました。

被害者からの被害届の提出により、被疑者は、後日警察に呼び出され、そのまま逮捕されました。

当事務所へは、被疑者の父母からご依頼をいただきました。

犯罪行為 強制わいせつ被疑事件

サポートの流れ

前科前歴 なし
釈放 勾留請求に対する準抗告認容
釈放年度 平成29年
結果 不起訴
示談 成立
示談金額 75万円
提出書類 誓約書、身元引受書(父・母)、大学学生証
裁判所名 横浜地方裁判所管轄内
裁判官名 深沢茂之・本間敏広・澁江美香
特記事項

被疑者は大学の定期試験の時期であり、身柄拘束が長引くと必要単位が取得できず留年する恐れがあったことから、ご依頼後は速やかに準抗告申立書を横浜地裁管轄内の裁判所に対して提出しました。

結果

準抗告申立て後、弁護人は被害者との間で示談の交渉を行い75万円で示談が成立しました。

示談金の金額は、被害者が本件を機に引っ越しをしたことに鑑み、引っ越し代も考慮したものです。

準抗告は認められ、勾留がされた翌日には被疑者は釈放されました。

準抗告の決定書においては、被疑者の供述態度等も考慮され、罪証隠滅を疑うに足る相当な理由が一応認められる旨判断されました。

誓約書が作成されたこと、被疑者が被害者の連絡先や所在を知らないことなどから、罪証隠滅の現実的可能性はかなり低いと判断されたと思われます。

被疑者の処分については、不起訴を獲得できました。

その他の解決事例

勤務先のお金を横領した事案。勤務先に被害届を出される前に、勤務先との間で示談し、無事に解決した事例

ご依頼の背景 相談者の旦那様から連絡があり、奥様が会社の事務員として働いているが、1回当たり数千円から1万円くらいの金額を約5年にわたって、横領したとのことで、合計すると数百万くらいになるかもしれないとのことでした。 会...
不起訴処分
40代女性・会社事務員

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス