勾留決定後に準抗告が認容された痴漢事件の事例

50代男性・会社員
罪名
東京都迷惑防止条例違反(痴漢)被疑事件
結果
不起訴処分

ご依頼の背景

被疑者は、痴漢目的で電車に乗り込み、女性(被害者)の隣に座り、肘で胸や手で太ももを触るなどの行為を約30分行いました。

被害者が電車から降りると同時に被疑者も下車したところ、現場を目撃していた男性によって捕まえられ、警察官に引き渡されて逮捕されました。

逮捕翌日、被疑者の妻から当事務所へご依頼いただきました。

犯罪行為 東京都迷惑防止条例違反(痴漢)被疑事件

サポートの流れ

前科前歴 前科1犯(強制わいせつ)
釈放 勾留決定の取消し
釈放年度 平成29年
結果 不起訴
示談 成立
示談金額 80万円
提出書類 本人誓約書、身元引受書、運転免許証、名刺
裁判所名 東京地方裁判所
裁判官名 不明
特記事項 強制わいせつは本件より10年以上前の犯行

ご依頼を受けた同日中に、妻の身元引受書・本人の誓約書を作成し、被疑者と接見しました。

長期間身体拘束が続くと、被疑者が経営している業務が停滞し、重大な不利益を受けることを検察官へ説明するとともに、勾留請求をしないよう求める意見書を提出しました。

結果

検察官からは、勾留請求されず、被疑者は釈放されました。

釈放後、被害者と連絡を取り、示談成立に向けて話し合いをしました。

また、並行して被疑者には、精神科への通院と性犯罪者の更正プログラムを受けさせました。

被害者と示談成立したため、検察官に対し、不起訴意見書と共に、示談書及び更正プログラムの受講状況に関する資料を提出したところ、本件は不起訴処分を獲得できました。

その他の解決事例

勤務先のお金を横領した事案。勤務先に被害届を出される前に、勤務先との間で示談し、無事に解決した事例

ご依頼の背景 相談者の旦那様から連絡があり、奥様が会社の事務員として働いているが、1回当たり数千円から1万円くらいの金額を約5年にわたって、横領したとのことで、合計すると数百万くらいになるかもしれないとのことでした。 会...
不起訴処分
40代女性・会社事務員

勾留請求が却下された暴行被疑事件の事例

ご依頼の背景 深夜に帰宅途中だった被疑者(当時大学生)は、最寄駅に下車する際の電車内で、長椅子の端で座って寝ていた女子高生に唾を吐きかける暴行を行いました。 後日、被疑者は、被害者からの被害届の提出により、警察に呼び出さ...
未定
20代男性・大学生

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス